2017年2月14日火曜日

スケジュール手帳にハードカバーをつけたい

もはや、スマホやウェブのスケジューリング・アプリに完全に押されている感じの、紙の「スケジュール帳」だが、私は未だに手放せない。というか、手書きで予定を書きたい、という気持ちを捨てられずに今日に至っている。
毎年、年末が迫ると、次年度のスケジュール手帳をどうするか、かなり深刻に悩み、結局いろいろ買って無駄遣いが嵩んでいく・・・。そしてここ何年も悩んで、今年ついに結論を出した。

スケジュール手帳へのこだわり
2年前から使いだして、結構いい感じの『ミドリ ビジネスダイアリー 手帳 2016 ウィークリー スリム ピンク PRD-8 26841006』。一週間バーチカル型で、万年筆で書くのが楽しくなる紙質が一番の「買い」ポイント。問題はこの手帳に、『モレスキン ノートブック ツールベルト ラージ』が使えないことだ。
 
ちなみに、『モレスキン 手帳 2017 ウィークリー バーチカル ハードカバー ラージ』は、薄くてかっこいいが、万年筆で書くとかなり裏に滲むし、乾きにくい。また、月、曜日、日にちの表示が小さくて、老眼の私にとっては文字の識別性が低くて断念。
『ロディア ウェブプランナー ウィークリー バーチカル 2017年 手帳 オレンジ 14x21cm』も、超かっこいいのだが、レイアウトが8段になっていて、一日分のスペースが狭いことが難点だ。こちらも、(日本の)万年筆とはあまり相性が良くないので、プロッキーやアクアテックをダイアリー専用に持ち歩くことにし、年末からしばらくはこれを使ってきた。オレンジはキレイだし、手帳を開く楽しみも。
しか〜し・・・万年筆を使いたい!モレスキンのツールベルトが使いたいんじゃ!!


ハードカバーを自分でつけよう
ネットでハードカバー製本について調べていたら、製本用に裁断済みの板ボールなんかも売っているではないか。これは、やるしかない。大抵の道具はもう持っている。やるぞ。

ということでメイキング
材料と道具は、かつて買い置きしていた千代紙、板ボール、ボンド、カッター、カッターマット・・・。さて、作業開始。

これが設計図。ただ、寸法をメモっただけだけど。

設計図にもとづいて、千代紙にあたり線を引く。


裁断して、板ボールを木工用ボンドで貼る。今回は迷ったけど、背表紙は省略。モレスキンやロディアに習ったけど、強度的には難しいかも。破けても、その時はその時さ。


角を落として・・・


折り返して貼る。


背表紙の部分は、補強のため裏から和紙を貼っておいた。


スケジュール手帳の表紙の一方にボンドを付けて、ペタッ。
ボンドを付けすぎると、垂れたボンドで本文のページーくっついて大変です。要注意(体験者・・・汗)。


反対側の表紙もボンドで貼って、できあがり。あとは、開いたこともない論文集などを重しにして、ボンドが乾くのを待つばかり。


こうして、書き込みたくなる、開きたくなる、自分だけのスケジュール手帳が完成したのであーる。
背表紙の強度については、様子見だな。破けたらその時考えよう、っと。

2017年2月10日金曜日

拡張現実ピタゴラ装置(その1)準備

動機

「拡張現実ピタゴラ装置」は、公立はこだて未来大学の1年次後期必修科目「情報表現基礎1」の課題テーマである。1年生全員が6つのクラスに分かれて、8週間という短時間で取り組む課題となっている。
授業情報→拡張現実ピタゴラ装置
私は2012年から3年間、教員の一人として関わった。






その後この授業の担当を外れたが、2016年度はピンチヒッターとしてひとつのクラスを担当することとなった。

以前から思っていた事だが、デザイン系の授業は「やってみてわかる」が基本なのだから、教員も学生と同じ課題をやってもいいよね、ということで・・・今年度は、私自身もやってみた。

オリエンテーション

課題の詳細は先出の授業サイトに譲るとして、この授業の特徴のひとつは6クラスをそれぞれ別の教員が担当することにある。私の担当するクラスではふたつ、クラス独自の制約をいつも設けている。

1.提供された材料だけでやりきる
自分で自由に材料を調達して表現して良い、というクラスもあるが、私としては「制約こそ創造の泉」ということで、徹底的にプラダン(プラスティックダンボール)と向き合ってもらうことにしている。しかし、学生は逃げる。プラダンと戦わず、カラーガムテープでの造形で切り抜けようとするのだ・・・残念。

2.具象表現の禁止
既存のキャラクターはもとより、お手軽な人や物、風景、出来事などをそのまま絵で表現するのは禁じ手としている。具象表現は描くのに時間が掛かるし、「うまい/へた」で評価されがちだ。したがって、我がクラスでは、表現物は立体も映像も、原則として抽象図形のみを利用する、という制約を設けている。あ・・・もちろん、これについても、堂々と打ち破って「お花」や「人形」などを堂々とつくってる学生は、いる。

抽象表現のヒントとして、いつも見せているのは、「アニマシー知覚」に関するこのムービーだ。

これはHeiderとSimmel(1944)の実験に使われた映像(実物かどうかはちょっと解らないけど)で、鑑賞者がこれらの幾何図形の動きから生物らしさを感じる、という結果を得た。この知見は様々なキャラクター・アニメや機械の動作、そして現代のインタフェース・デザインにも応用されている。
今回の課題でも、このアニマシー知覚を積極的に利用した表現を目指す。

プロトタイピング

もうひとつ、この授業で大切にしているのは、「やってみてわかる」というプロセスだ。「プロトタイピング」はことばの通り「試作」ということだが、デザインプロジェクトにおける試作とは、重要な評価の方法だ。理屈でわかっていても、実際にやってみるとうまくいかない、と言うのは世の常だ。(図面で考えて実物を作ってしまう、建築の世界には敬意を評してる)テレビの「ピタコラ・スイッチ」でも、とてつもない試行錯誤が行われている。ちなみにこちらのムービーは、撮影時の苦労を映像化したもの。


授業では、プロトタイピングの参考資料としてこのムービーも紹介している。


もはやワークショップの定番ともいえる「マシュマロ・チャレンジ」は、大学の学びと通じるところが多いと思う。

さて、いよいよ制作に入るよ。

2017年1月1日日曜日

2016年10月27日木曜日

スマホスタンド制作

愛車のD5に丁度良いFMトランスミッターをやっと見つけました。
ただ、収まりが悪いので、スマホスタンドを自作しました。
捨てられずにとっておいた、チップスターのパッメージをベースにしました。
iPodを入れておかないと、間違って捨ててしまいそう・・・

中は、スタイロフォームで作っています。お手軽なので。

かなり適当ですが、自分用にはこれで十分でしょう。

2016年4月28日木曜日

エコロジカ量産大作戦 その1

職場で眠っている機材を活用しないともったいない、ということで電動糸鋸を使って「エコロジカ」を量産することにしました。

 手作り一品ものと工業製品化との間の葛藤
先回は、鋸からカッターナイフまで手元にある刃物を駆使して、手業のみで削ってみた。「やればできる」という感じではあったが、細かいところで気に入らないところもあった。その解決の方法として、電動糸鋸を使ってみた。


細かい切れ込みを入れるにも、要所要所で水平垂直を取るにも、要領よく進められる。「こりゃ、相性いいぞ!」ということで、量産化に挑むことにした。

1.鉛筆で当たりをつける
あらかじめパネルソーで切りそろえていた道南杉の端材(45mm幅、18mm厚)に、背中、足になる部分の当たりをつけ、作業開始。40個を一気につくるか迷ったが、ここは「え〜い、やってしまえ」とすべて加工することにした。

今回は量産マシーンに徹するという心構えで作業に臨んだ。したがって、切り込みの場所によって糸鋸の刃を切り替えることも想定し、1行程ごとに、40個まとめて作業・・・これは結構消耗するね。

2.背中と脚の部分に切り込み
製作手順は完全手作業の時と同様、本家八幡馬製作に準じている。太めの直線用鋸刃で背中と脚の部分に切れ込みを入れる。

これはもう完全単純作業なのですぐに飽きるが、我慢が大事じゃ。

3.腹部を切り抜く
ここから徐々に高度な技術が要求される行程に。お腹を曲線で表現するのは師匠直伝。直線系の糸鋸でどうカーブを切り抜くか。徐々にコツを掴んだその極意をご覧あれ。

とはいえ、カーブを描いて切り出すのはなかなか難しく、形が揃っていないのはご愛嬌。


4.前後脚の股の部分を切り取る
幅=板厚が狭く、カッターと彫刻と上の加工では苦戦した脚部の加工。試したい方法があったので、早速実践。ここが腕の見せ所でござる。
コツとしては、まず片側の股部を少し切り欠いて置く。

そして反対側の股部を切り欠いた後に、こちら側も奥まで切り欠く。

電動糸鋸の台に材を斜めに当てて切っていくので、切り込みの加減を慎重に行うのがコツでございる。

むふふ、ここまで来ると、達成感がある。

5.喉元部分を切り取り、二体に分ける
足元が整ったところで、二つの体を切り分けて、基本形態の完成だ。

むふふ。

ここまででも十分楽しめるそ!
でも勝負はこれから。ここからはひとつづつ、じっくり形を整えて完成させるのじゃ。

切り屑は捨てずにとっておいて、大人の火遊び(ロケットストーブの着火剤)に使用予定でござる。

本日これまで。

2016年4月9日土曜日

エコロジカ、道南杉バージョン

スタイロフォームを削ってみて、
大体の形をイメージできたので、
杉で作ってみたくなった。
手元にあるのは、屋台を作っているときに出た端材で
厚みは18mm。
かなりちっこくなるけど、
まぁやってみよう・・・ということで。

1.まずは端材に切り込みを入れる


材料から無駄なく形を取り出すために、師匠は2個一組で材料を切り出していた。
まず背中と足の部分に切り込みを入れ、足の部分を彫ってから二つを切り離すのだが、
今回は時間短縮(というか2個作るのは面倒なので)のため、先に二つに切り離した。



2.足と腹部を削る
師匠が作る八幡馬は、お腹の部分に工夫があった。
一応、それを再現するべく丸みを帯びたラインにしようと試みた。


しかし、小口をなけなしの道具(ノミ、カッターナイフ、彫刻刀を駆使)で
綺麗に削るのは無理だった(泣)。杉、柔らかいくせに手強い・・・。


3.頭部を作る
あごの部分に鋸で切り込みを入れ、その深さに合わせて胸の部分を削っていく。


この辺は一気に進められる。
あごから胸のラインができたら、次は両サイドを前足付け根から頭に向かって削っていき、頭部の大きさを確定する。
師匠はこのあと耳を作り、鼻先を削り、タテガミと尻尾を付けて完成、だった。
しかし、今回作るのはシカ。シカは耳が横から生えているので、削って作るのは断念し、別パーツを挟み込むことに。



したがって工程は、まず耳をつける部分に切り込みを入れ、鼻先を削る。それから、耳パーツを作って頭に挟み込み、耳の形を整えたら頭部は終了だ。

4.仕上げ
尻尾の部分を残して背中の面取りをし、額に穴を開けて杉の葉を刺して完成!


ああ、いい道具が欲しい・・・。

2016年4月5日火曜日

八幡馬、自分で削ってみたい!


ということで、部屋に転がっているスタイロフォームで
八幡馬ならぬ、八幡シカを作ってみよ〜う!


こちらは先日、八戸で買ってきた八幡馬(量産型)


はいっ、できた!
外で落ちてた桜の枝を拾って頭に刺してみた。
ちょっとバランス悪いかな・・・


お土産八幡馬の比率に合わせてもう一度。
バランスをどうするかは悩みどころだ。