2016年4月28日木曜日

エコロジカ量産大作戦 その1

職場で眠っている機材を活用しないともったいない、ということで電動糸鋸を使って「エコロジカ」を量産することにしました。

 手作り一品ものと工業製品化との間の葛藤
先回は、鋸からカッターナイフまで手元にある刃物を駆使して、手業のみで削ってみた。「やればできる」という感じではあったが、細かいところで気に入らないところもあった。その解決の方法として、電動糸鋸を使ってみた。


細かい切れ込みを入れるにも、要所要所で水平垂直を取るにも、要領よく進められる。「こりゃ、相性いいぞ!」ということで、量産化に挑むことにした。

1.鉛筆で当たりをつける
あらかじめパネルソーで切りそろえていた道南杉の端材(45mm幅、18mm厚)に、背中、足になる部分の当たりをつけ、作業開始。40個を一気につくるか迷ったが、ここは「え〜い、やってしまえ」とすべて加工することにした。

今回は量産マシーンに徹するという心構えで作業に臨んだ。したがって、切り込みの場所によって糸鋸の刃を切り替えることも想定し、1行程ごとに、40個まとめて作業・・・これは結構消耗するね。

2.背中と脚の部分に切り込み
製作手順は完全手作業の時と同様、本家八幡馬製作に準じている。太めの直線用鋸刃で背中と脚の部分に切れ込みを入れる。

これはもう完全単純作業なのですぐに飽きるが、我慢が大事じゃ。

3.腹部を切り抜く
ここから徐々に高度な技術が要求される行程に。お腹を曲線で表現するのは師匠直伝。直線系の糸鋸でどうカーブを切り抜くか。徐々にコツを掴んだその極意をご覧あれ。

とはいえ、カーブを描いて切り出すのはなかなか難しく、形が揃っていないのはご愛嬌。


4.前後脚の股の部分を切り取る
幅=板厚が狭く、カッターと彫刻と上の加工では苦戦した脚部の加工。試したい方法があったので、早速実践。ここが腕の見せ所でござる。
コツとしては、まず片側の股部を少し切り欠いて置く。

そして反対側の股部を切り欠いた後に、こちら側も奥まで切り欠く。

電動糸鋸の台に材を斜めに当てて切っていくので、切り込みの加減を慎重に行うのがコツでございる。

むふふ、ここまで来ると、達成感がある。

5.喉元部分を切り取り、二体に分ける
足元が整ったところで、二つの体を切り分けて、基本形態の完成だ。

むふふ。

ここまででも十分楽しめるそ!
でも勝負はこれから。ここからはひとつづつ、じっくり形を整えて完成させるのじゃ。

切り屑は捨てずにとっておいて、大人の火遊び(ロケットストーブの着火剤)に使用予定でござる。

本日これまで。

2016年4月9日土曜日

エコロジカ、道南杉バージョン

スタイロフォームを削ってみて、
大体の形をイメージできたので、
杉で作ってみたくなった。
手元にあるのは、屋台を作っているときに出た端材で
厚みは18mm。
かなりちっこくなるけど、
まぁやってみよう・・・ということで。

1.まずは端材に切り込みを入れる


材料から無駄なく形を取り出すために、師匠は2個一組で材料を切り出していた。
まず背中と足の部分に切り込みを入れ、足の部分を彫ってから二つを切り離すのだが、
今回は時間短縮(というか2個作るのは面倒なので)のため、先に二つに切り離した。



2.足と腹部を削る
師匠が作る八幡馬は、お腹の部分に工夫があった。
一応、それを再現するべく丸みを帯びたラインにしようと試みた。


しかし、小口をなけなしの道具(ノミ、カッターナイフ、彫刻刀を駆使)で
綺麗に削るのは無理だった(泣)。杉、柔らかいくせに手強い・・・。


3.頭部を作る
あごの部分に鋸で切り込みを入れ、その深さに合わせて胸の部分を削っていく。


この辺は一気に進められる。
あごから胸のラインができたら、次は両サイドを前足付け根から頭に向かって削っていき、頭部の大きさを確定する。
師匠はこのあと耳を作り、鼻先を削り、タテガミと尻尾を付けて完成、だった。
しかし、今回作るのはシカ。シカは耳が横から生えているので、削って作るのは断念し、別パーツを挟み込むことに。



したがって工程は、まず耳をつける部分に切り込みを入れ、鼻先を削る。それから、耳パーツを作って頭に挟み込み、耳の形を整えたら頭部は終了だ。

4.仕上げ
尻尾の部分を残して背中の面取りをし、額に穴を開けて杉の葉を刺して完成!


ああ、いい道具が欲しい・・・。

2016年4月5日火曜日

八幡馬、自分で削ってみたい!


ということで、部屋に転がっているスタイロフォームで
八幡馬ならぬ、八幡シカを作ってみよ〜う!


こちらは先日、八戸で買ってきた八幡馬(量産型)


はいっ、できた!
外で落ちてた桜の枝を拾って頭に刺してみた。
ちょっとバランス悪いかな・・・


お土産八幡馬の比率に合わせてもう一度。
バランスをどうするかは悩みどころだ。

2016年1月1日金曜日

あけましておめでとうございます



いろいろな視点から世界を捕らえよう。

2015年9月3日木曜日

情報デザインフォーラムin函館 2015

■テーマ:2020年 はこだて未来生活 ver.2

■概要:
  歴史的建造物が多く残る函館西部地区を生活空間/ビジネス環境ととらえこのエリアを資源とした生活者の体験を妄想してみました。西部地区を散策しながら、歴史的建造物の利活用の可能性をビジネスモデル、支援ツール、新たなサービスを含んだ未来の生活空間としての函館ライフが描かれました。



本来、自分でまとめねばならないのですが
すでに美しくまとめていただいているモノがあるので
そちらへのリンクで、ご容赦ください。

HCD-Net | 「情報デザインフォーラムin函館2015」開催
http://www.hcdnet.org/event/in2015.php

内容の詳細は、浅野先生のブログに頼ります(汗)。
http://asanoken.jugem.jp/?eid=3526

2015年4月4日土曜日

とある研究発表会を終えて

デザインを語るには、「主観/客観」「応用/基礎」という自然科学的な視点から見たら隙だらけの部分を論破しなければならないのだな。
あと、「課題解決」も使用禁止にした方がいい。この言い方が、客観的な課題があって、それを工学的に解決できるという誤解のもとになっているかもしれない。しばらくは仮に「可能性の共創」とでも言っておくか。「共創」って、広告代理店の方便みたいなことばだけど当面は仕方がない。

2015年2月16日月曜日

マリンITの本の装丁

ブックデザインの大筋が固まり、今日、帯のデザインを固めています。
とりあえず決着がつきそう・・・かな。