2017年4月23日日曜日

「Small Town Market 坂の途中のチビマルシェ」に参加

挑戦・体験!ピタゴラ装置

伝統的建造物の活用として、リノベーションが進んでいる『大三坂ビルヂング』で開催されたイベントに参加してきました。

Small Town Marcet
-坂の途中のチビマルシェ
2017年04月23日(日)
10:00〜15:00
第三坂ビルヂング(函館市)

われら「やってみてわかるラボ」に課せられたお題は「来場する子どもたち(幼児)にピタゴラ装置を提供したい」。大学の授業でやっている「拡張現実ピタゴラ装置」の事を知って、誘っていただけたようです。

コンセプト・メイキング

・小部屋をひとつまるまる使って
・その場にある材料で
・即興的な表現
最初は、「建物全体を使って」という最大レベルから「屋台のひとつとして」という最小レベルまで、可能性を検討しました。自分自身の記憶やこれまでやってきた小学生向けのワークショップの経験から、テンションの上がった子どもたちは制御が効かないので、「他の屋台と一緒は無理だな」「目の届かないところで絶対怪我をする」といったリスクの回避のため、最終的には小部屋を一部屋まるまる使う方向で場所は決定しました。また、開催の背景にある、大三坂ビルヂングの魅力を伝える、という趣旨を受け、建物内にある家具やリノベーションで出てくる廃棄物など、その場にあるものを使って表現しよう、という方向で準備をすることにしました。もうひとつ、事前にテストしてある程度練習したほうがよいかとも思いましたが、そもそもその時間を取れないし、即興性こそ一緒に手伝ってくれる学生たちの学び、と(都合よく)決断して、当日ぶっつけ表現に臨みました。
イベント全体の様子 映像 by 山内雅貴

振り返り

メンバー:原田、上芝、八城、堺、菅原、山内
準備:その場にあるものを集めて表現する、というやり方は面白い。木製のドア、椅子、ベンチなど、いい感じに欠けたり壊れたりしている古い道具を組み合わせた造形物はそれなりに絵になっていました。大型のビー玉とゴルフボール、そしてレール用にプラスティックダンボールと筒状のスポンジ?を用意していきました。また、ピタゴラギミックには、大学の授業やプロジェクトで使った杉の端材を持って行きました。
ビー玉は子どもたちに見せたら持っていかれるなと予測していましたが、それはほとんどありませんでした(もちろん、欲しくなたら持って帰っていいよ、と言うつもり)。ビー玉の強度はこれまでの経験からあまり心配していませんでしたが、何個か割れたものがあります。破片がこままくならない割れ方だったので怪我もなく助かりましたが、さすが子供のおもちゃは考えられているなぁ。
装置制作:素材を考える時点から、ある程度は頭の中でシミュレーションはしていましたが、当日の学生たちとの共同作業を重視しました。大雑把でも、小さい人々が楽しめる規模、という意味で、充分な規模だったと思います。木製ドアを土台にし、その周辺に壊れた椅子やすのこなどを配し、筒や紙コップを使ってレールを作りました。端材をテーブルの上に適当に配して障害物や音のなるギミック(ビー玉が端材に当たるととてもいい音がします)として利用しました。音といえば、当日の朝、急に思いついて、ミニギターも一台持ち込みました。弦を鳴らしたり、弦をレールにビー球を転がせると面白いなと、閃いたからです。全体は、いろいろ壊れて3回くらいは作り直しか、と想定していましたが、最初の制作からほとんど崩壊せずに、5時間を乗り切りました。
当日のピタゴラ装置紹介 映像 by 山内雅貴
聞こえている音楽は当日会場で流していた「ピタゴラ小組曲」


活動:久しぶりに、小さな人々の様々な活動を観察できました。最初は「順番」「いれて」「ください」「どうぞ」など、躾が出来てる?というような穏やかな印象でしたが、あっという間にカオスに。両手から溢れんばかりにビー玉を集める、レールや筒に一度に沢山ビー玉を詰め込む、紙コップにビー玉を盛って独り占め、転がる途中のビー玉を奪い取る・・・本能丸出しで、見ているだけでも微笑ましくなります。
一方で、テンションが上がって何かに気をとられると他が見えなくなるのも、子どもの常。台の上を突っ切ろうとしたり、椅子を蹴飛ばして構造体を崩したり・・・。これらは想定内だったので、事故や怪我につながる事態はありませんでした。とはいえ、このようなイベントでの安全管理はとても重要で、正直、ヒヤヒヤの5時間でした。
学生と子供たちで、一緒に装置を拡張したりする場面も見られるかと思いましたが、子供たちはビー玉の動きに夢中で、コースデザインまでは意識が行きそうにありませんでしたね。そのため、チームメンバーは子供たちを見守る距離感での関わり方となり、それが「託児所」のような印象を与えたのか、子どもを放置してその場を離れる親御さんもちらほら。これは今後の検討課題だと思いました。

ここまでの活動記録

2月7日(火)トンボロさんで蒲生さんたちと待ち合わせ、大三坂ビルヂングのリノベーションプロセスを映像に残すプロエクトを依頼。その後、現地の下見をした。

2月19日(日)このイベントで「ピタゴラ装置」体験をできないかと打診あり。

2月26日(日)タイトルを『挑戦・体験!ピタゴラ装置---公立はこだて未来大学 やってみてわかるラボ』に決定


3月4日(土)実施のための下見で大三坂ビルヂングへ。建物内にあるものを集めて、ピタゴラ装置の材料にすることにした。


4月9日(日)準備のため大三坂ビルヂングへ。ピタゴラ装置に使う材料を選別。オルガンと、木製のワゴンを譲っていただくことに。


4月20日(木)オルガンとワゴンを引き取りに。

4月22日(土)ピタゴラ装置用の材料を搬入。(杉の端材、スチロールのパイプ、プラダンなど)

4月23日(日)当日。600人もの来場者!
打ち上げはまるたま小屋で。

2017年4月21日金曜日

旧ロシア領事館にてプロジェクション

春の函館バル街2017が4月21日(金)開催されました。
われらが「やってみてわかるラボ」では、渡島みんなで進める木づかいプロジェクト主催の旧ロシア領事館会場でライブ演奏のBGVとして上映する映像作品の制作を行いました。

歴史に登場する旧ロシア領事館関係者のキャラクターデザインby山内雅貴


3DCGによる外観ムービーの制作by濱本誠也

当日の様子by山内雅貴

2017年2月14日火曜日

スケジュール手帳にハードカバーをつけたい

もはや、スマホやウェブのスケジューリング・アプリに完全に押されている感じの、紙の「スケジュール帳」だが、私は未だに手放せない。というか、手書きで予定を書きたい、という気持ちを捨てられずに今日に至っている。
毎年、年末が迫ると、次年度のスケジュール手帳をどうするか、かなり深刻に悩み、結局いろいろ買って無駄遣いが嵩んでいく・・・。そしてここ何年も悩んで、今年ついに結論を出した。

スケジュール手帳へのこだわり
2年前から使いだして、結構いい感じの『ミドリ ビジネスダイアリー 手帳 2016 ウィークリー スリム ピンク PRD-8 26841006』。一週間バーチカル型で、万年筆で書くのが楽しくなる紙質が一番の「買い」ポイント。問題はこの手帳に、『モレスキン ノートブック ツールベルト ラージ』が使えないことだ。
 
ちなみに、『モレスキン 手帳 2017 ウィークリー バーチカル ハードカバー ラージ』は、薄くてかっこいいが、万年筆で書くとかなり裏に滲むし、乾きにくい。また、月、曜日、日にちの表示が小さくて、老眼の私にとっては文字の識別性が低くて断念。
『ロディア ウェブプランナー ウィークリー バーチカル 2017年 手帳 オレンジ 14x21cm』も、超かっこいいのだが、レイアウトが8段になっていて、一日分のスペースが狭いことが難点だ。こちらも、(日本の)万年筆とはあまり相性が良くないので、プロッキーやアクアテックをダイアリー専用に持ち歩くことにし、年末からしばらくはこれを使ってきた。オレンジはキレイだし、手帳を開く楽しみも。
しか〜し・・・万年筆を使いたい!モレスキンのツールベルトが使いたいんじゃ!!


ハードカバーを自分でつけよう
ネットでハードカバー製本について調べていたら、製本用に裁断済みの板ボールなんかも売っているではないか。これは、やるしかない。大抵の道具はもう持っている。やるぞ。

ということでメイキング
材料と道具は、かつて買い置きしていた千代紙、板ボール、ボンド、カッター、カッターマット・・・。さて、作業開始。

これが設計図。ただ、寸法をメモっただけだけど。

設計図にもとづいて、千代紙にあたり線を引く。


裁断して、板ボールを木工用ボンドで貼る。今回は迷ったけど、背表紙は省略。モレスキンやロディアに習ったけど、強度的には難しいかも。破けても、その時はその時さ。


角を落として・・・


折り返して貼る。


背表紙の部分は、補強のため裏から和紙を貼っておいた。


スケジュール手帳の表紙の一方にボンドを付けて、ペタッ。
ボンドを付けすぎると、垂れたボンドで本文のページーくっついて大変です。要注意(体験者・・・汗)。


反対側の表紙もボンドで貼って、できあがり。あとは、開いたこともない論文集などを重しにして、ボンドが乾くのを待つばかり。


こうして、書き込みたくなる、開きたくなる、自分だけのスケジュール手帳が完成したのであーる。
背表紙の強度については、様子見だな。破けたらその時考えよう、っと。

2017年2月10日金曜日

拡張現実ピタゴラ装置(その1)準備

動機

「拡張現実ピタゴラ装置」は、公立はこだて未来大学の1年次後期必修科目「情報表現基礎1」の課題テーマである。1年生全員が6つのクラスに分かれて、8週間という短時間で取り組む課題となっている。
授業情報→拡張現実ピタゴラ装置
私は2012年から3年間、教員の一人として関わった。






その後この授業の担当を外れたが、2016年度はピンチヒッターとしてひとつのクラスを担当することとなった。

以前から思っていた事だが、デザイン系の授業は「やってみてわかる」が基本なのだから、教員も学生と同じ課題をやってもいいよね、ということで・・・今年度は、私自身もやってみた。

オリエンテーション

課題の詳細は先出の授業サイトに譲るとして、この授業の特徴のひとつは6クラスをそれぞれ別の教員が担当することにある。私の担当するクラスではふたつ、クラス独自の制約をいつも設けている。

1.提供された材料だけでやりきる
自分で自由に材料を調達して表現して良い、というクラスもあるが、私としては「制約こそ創造の泉」ということで、徹底的にプラダン(プラスティックダンボール)と向き合ってもらうことにしている。しかし、学生は逃げる。プラダンと戦わず、カラーガムテープでの造形で切り抜けようとするのだ・・・残念。

2.具象表現の禁止
既存のキャラクターはもとより、お手軽な人や物、風景、出来事などをそのまま絵で表現するのは禁じ手としている。具象表現は描くのに時間が掛かるし、「うまい/へた」で評価されがちだ。したがって、我がクラスでは、表現物は立体も映像も、原則として抽象図形のみを利用する、という制約を設けている。あ・・・もちろん、これについても、堂々と打ち破って「お花」や「人形」などを堂々とつくってる学生は、いる。

抽象表現のヒントとして、いつも見せているのは、「アニマシー知覚」に関するこのムービーだ。

これはHeiderとSimmel(1944)の実験に使われた映像(実物かどうかはちょっと解らないけど)で、鑑賞者がこれらの幾何図形の動きから生物らしさを感じる、という結果を得た。この知見は様々なキャラクター・アニメや機械の動作、そして現代のインタフェース・デザインにも応用されている。
今回の課題でも、このアニマシー知覚を積極的に利用した表現を目指す。

プロトタイピング

もうひとつ、この授業で大切にしているのは、「やってみてわかる」というプロセスだ。「プロトタイピング」はことばの通り「試作」ということだが、デザインプロジェクトにおける試作とは、重要な評価の方法だ。理屈でわかっていても、実際にやってみるとうまくいかない、と言うのは世の常だ。(図面で考えて実物を作ってしまう、建築の世界には敬意を評してる)テレビの「ピタコラ・スイッチ」でも、とてつもない試行錯誤が行われている。ちなみにこちらのムービーは、撮影時の苦労を映像化したもの。


授業では、プロトタイピングの参考資料としてこのムービーも紹介している。


もはやワークショップの定番ともいえる「マシュマロ・チャレンジ」は、大学の学びと通じるところが多いと思う。

さて、いよいよ制作に入るよ。

2017年1月1日日曜日

2016年10月27日木曜日

スマホスタンド制作

愛車のD5に丁度良いFMトランスミッターをやっと見つけました。
ただ、収まりが悪いので、スマホスタンドを自作しました。
捨てられずにとっておいた、チップスターのパッメージをベースにしました。
iPodを入れておかないと、間違って捨ててしまいそう・・・

中は、スタイロフォームで作っています。お手軽なので。

かなり適当ですが、自分用にはこれで十分でしょう。

2016年4月28日木曜日

エコロジカ量産大作戦 その1

職場で眠っている機材を活用しないともったいない、ということで電動糸鋸を使って「エコロジカ」を量産することにしました。

 手作り一品ものと工業製品化との間の葛藤
先回は、鋸からカッターナイフまで手元にある刃物を駆使して、手業のみで削ってみた。「やればできる」という感じではあったが、細かいところで気に入らないところもあった。その解決の方法として、電動糸鋸を使ってみた。


細かい切れ込みを入れるにも、要所要所で水平垂直を取るにも、要領よく進められる。「こりゃ、相性いいぞ!」ということで、量産化に挑むことにした。

1.鉛筆で当たりをつける
あらかじめパネルソーで切りそろえていた道南杉の端材(45mm幅、18mm厚)に、背中、足になる部分の当たりをつけ、作業開始。40個を一気につくるか迷ったが、ここは「え〜い、やってしまえ」とすべて加工することにした。

今回は量産マシーンに徹するという心構えで作業に臨んだ。したがって、切り込みの場所によって糸鋸の刃を切り替えることも想定し、1行程ごとに、40個まとめて作業・・・これは結構消耗するね。

2.背中と脚の部分に切り込み
製作手順は完全手作業の時と同様、本家八幡馬製作に準じている。太めの直線用鋸刃で背中と脚の部分に切れ込みを入れる。

これはもう完全単純作業なのですぐに飽きるが、我慢が大事じゃ。

3.腹部を切り抜く
ここから徐々に高度な技術が要求される行程に。お腹を曲線で表現するのは師匠直伝。直線系の糸鋸でどうカーブを切り抜くか。徐々にコツを掴んだその極意をご覧あれ。

とはいえ、カーブを描いて切り出すのはなかなか難しく、形が揃っていないのはご愛嬌。


4.前後脚の股の部分を切り取る
幅=板厚が狭く、カッターと彫刻と上の加工では苦戦した脚部の加工。試したい方法があったので、早速実践。ここが腕の見せ所でござる。
コツとしては、まず片側の股部を少し切り欠いて置く。

そして反対側の股部を切り欠いた後に、こちら側も奥まで切り欠く。

電動糸鋸の台に材を斜めに当てて切っていくので、切り込みの加減を慎重に行うのがコツでございる。

むふふ、ここまで来ると、達成感がある。

5.喉元部分を切り取り、二体に分ける
足元が整ったところで、二つの体を切り分けて、基本形態の完成だ。

むふふ。

ここまででも十分楽しめるそ!
でも勝負はこれから。ここからはひとつづつ、じっくり形を整えて完成させるのじゃ。

切り屑は捨てずにとっておいて、大人の火遊び(ロケットストーブの着火剤)に使用予定でござる。

本日これまで。