2018年4月16日月曜日

図解に込められた意図 002

この図はある書籍のために、執筆者とともに制作したものです。


元になったのはこちらの図。


カラーの印刷物であれば、下図のように領域を色分けする方法も取れたと思います。

しかしモノトーン(黒一色)の印刷で、このような色面構成を表現しようとすると、可読性は落ちますし、印刷結果もあまり美しいとは言えません。



そこで、各面の輪郭を線で表すことになります。


「線」は造形要素して非常に力強く、全体の形をはっきりと印象付けます。しかし、形が複雑になるとそれだけ説明的な線が増え、文字と太さが近いこともあって、画面全体が「ゴチャゴチャ」してしまいます。
そこで、デザインの根幹でもある、削ぎ落としを行います。どこまで削るかは表現者の表現者のこだわりと読み解く人の感性のバランスによります。


ギリギリまで削って、このようなかたちに。
この表現には他にも意図があります。
4つの要素を並列に扱うには、同じ形状の繰り返しが効果的です。


そして、閉じていない図形には、閉じた図形にはないダイナミックさや「閉じていない」ことによる多義性、暗黙的なメッセージを込めることも可能になります。


罫線で閉じた基本図形はシンプルで力強い表現になりますが、その結果として固定された、安定的なイメージになりがちです。
線の開いた図形では、線の両端によって始まりと終わりが生まれ、その意図を読み解くための余白が用意されます。線の始まる場所、終わる場所を示すことで形に意味を与えることもできます。
例えば円の一部を切り欠くと、器や囲いのような内側と外側、あるいは切り書いた部分からの広がりや周囲からの収束のような意味を込めることも可能です。
欠けてている部分を未完成と捉えれば、不確定さ、ゆるさなど、「例えばこんな感じ」「こんな見方もある」というような断定を避けるニュアンスの表現もできそうです。

・・・というような検討の過程を経て、冒頭に紹介した図の表現が生まれたわけです。
出来上がった図だけを見ると、「どうでもいいじゃん」「途中の方がのでは」という声も聞こえそうですが、これはデザイナーの意図で決めたこと。どれが正解か、と聞かれれば、「正解などありません」としか答えようのない領域です。読み解く人に、その意図も含めて伝えることが重要と考えています。

2018年4月13日金曜日

図解に込められた意図 001

友人からの依頼で、こんな図解を制作しました。A3サイズのポスターです。


友人にとっては「自分で制作したポスターで、改善したいという気持ちはあるものの、具体的なアイデアは浮かばない。さてどうしよう」ということで、「リ・デザイン」の相談を受けたものです。
元の表現はこちら。


十分まとまっている表現だと思いますが、作者としてはもっと良くしたいということで、お話をいただいきました。依頼してくれた友人=本人の視点からの解説は、こちらのブログにまとめられています。


このように並べて(左→右)見ると、どこをどのように変更したかがよくわかると思います。
伝えたいことがたくさんあり、元の表現ではそれらがそれぞれ主張し合って、説明の順番がわかりにくくなっています。説明全体の構造を印象的に強調することと、説明の単位ごとのまとまりをはっきり作ることがポイントだと思いました。
具体的には・・・
・まず、それぞれの説明のまとまりをはっきりさせました。ひとつ一つの項目を集中させ、余白を利用して区切りを明示することがポイントです。「余白を制するものが、グラフィックデザインを制する」と、個人的には思っています。
・それぞれの要素の説明のかたちにシンプルなルールを作りました。今回は、キーワードの○マルの右側にまとめる、というルールです。グラフィクデザインの基本の一つ、反復というルールの適用です。とはいえ、後半の二つはこのルールになっていませんね(汗)。
・色数を減らしました。元の表現では色分けによって項目のグルーピングを行なっていて、うまく、美しく、識別性が確保されています。しかし、カラフルなために目移りしてしまい、説明の物語として読み解いて行くのが困難になっています。配色については、オレンジで流れを強調し、他を弱めました。
・タイポグラフィ(文字の扱い)については、タイトルを上部にオーソドックスに入れることで内容全体の見出しを作ったこと、全体に文字のサイズを小さくし(A3サイズ=手元で充分に読めるサイズ)、余白を増やす工夫をしました。
・・・etc.
語ればきりがありませんが、ここでは表現ポイントよりも、リ・デザインのプロセスを紹介します。
そのプロセスは、簡単にまとめると「解読」→「解体/再構成」→「表現」というステップです。そして、これらをスケッチブックに自分で図解しながら作業を進めた、というのが要点です。

解読(観察)
作者に直接会うことができれば、説明を聞きながら解釈する時間を作れたのですが、今回は遠隔でのやり取りで、時間を合わせることもできませんでした。そこで、「まず作って、みてもらって、直す」という作戦でデザインを進めました。効率が悪いと思われるかもしれませんが、私はIllustratorでの作業のスピードに自信があるため(爆)、方針さえ固まれば仕上げも修正もすぐ対応できる、という方針でグラフィックデザインの仕事をしています。
さて本題です。いただいたポスターをじっくり眺めつつ、対象をなぞりながら自分で表現してみることで理解が進んでいくものです。


こんな感じで、説明の構成や、各要素の素材(写真点数や組み合わせ方)を読み解いていきました。
タイトルで「つくるまで」と、プロセスを伝えたい意思を表明しているので、このポスターは全体として、5つのキーワードを活動のプロセスに沿って説明したいのだ、と理解しました。しかし、元の表現では「矢印」が他の情報に紛れて、見えにくくなっています。そこで、まず5つのキーワードの関係、順序を明示する骨格をスケッチしてみました。結果的にこの段階での解釈が最終表現に直結してます。

解体/再構成
内容の構成や意図、表現材料の全体像が把握できたら、「自分ならどうするか」という視点で、再構成してみます。


紙面などメディアの形状にとらわれず、内容そのものが持っている構造を引き出して形にしてみることが重要です。つまり「これをいうならこの表現でしょ」とか「自分だったらこう説明するな」というように、受け止めた内容を自分ごと化して説明し直してみるわけです。
上のスケッチの右上には、レイアウトのことを意識し始めた片鱗も残っています。

表現
この表現で行ける、という直感を得たら、紙面レイアウトのためのアイデアスケッチに入ります。


当初はタイトルも含めて、左右対称の構図が良さそうだな、という方針で進めていたことがわかります。この段階で、「行ける!」と感じ、Illustratorの作業に入りました。
しかし・・・このレイアウトでは紙面に綺麗に入りきれない・・・orz。
そこでスケッチブックに戻って、もう一度アイデアスケッチ。


メインの図を左にオフセットし、キーワードの右側に説明を並べるルールは、ここで固まりました。また、紙面にどのようなグリッド(グリッドシステム)を設定して、各要素をどう配置していくかも、このスケッチの段階で目処を立てています。
そして、再びIllustratorに戻って、ガチャガチャと配置調整をして出来上がったのが、最初に紹介した図解作品、ということになります。

このように自分のデザインプロセスを見直してみると、手描き表現の可能性を強く感じます。まだまだ紙とペンは手放せませんね。
今回は、依頼者である友人にも、私が何をデザインしているのかを伝えたいと思い、このような記事のまとめました。しかしこの、自分自身のデザイン流儀をことばにしてみる、という振り返りの過程は、自分自身にとっても学びの多いものですね。今後も続けていこうと思います。

2018年1月1日月曜日


今年は、「ことばにする」「表現する」を、ちょっと頑張ってみようと思います。

2017年8月28日月曜日

ブタペスト出張メモ

詳細は後日として、記録を残しておきます。 
Scratch Conference 2017 Budapest への参加(2017/08/20-27) 

8/22
発表内容および今年度研究の打ち合わせ
場所:Gozsdu Court Aparthotel(Király utca 13, 1075, Budapest)
参加者:宮田義郎、上芝智裕(中京大学)、原田、八城、飯塚、山内(未来大学)
各発表内容確認と、この後のデザイン学会、研究会に向けてのテーマや松堂内容について議論した。

 8/23 14:00-17:00
会場:1117 Budapest, Pázmány Péter sétány 1/c, Hungary, Eötvös Loránd University, Faculty of Informatics
「‘ZERO DAY’ - Scratch Conference 2017 in Budapest(カンファレンス参加者向けの体験イベント)」に参加した。Scratchに関連した様々なでも展示を体験、子供たちの活動を見学した。

 8/24 9:00-18:00
Central European University(1051 Budapest, Nádor Street 15, Hungary)
カンファレンスに参加。上芝の口頭発表、八城のテーブルトップ発表を含め、様々な知見を得た。

 8/25 9:00-17:00
Central European University(1051 Budapest, Nádor Street 15, Hungary) カンファレンスに参加。宮田の口頭発表を含め、様々な知見を得た。
15:25-15:45 「Utilizing Puppet Theater for Programming Education」というタイトルで口頭発表を行った。

2017年6月3日土曜日

石別フィールドワーク

プロジェクト学習「使ってもらって学ぶフィールド指向システムデザイン2017」の一環で、フィールドワークに行ってきました。
五稜郭駅集合で、道南いさりび鉄道を利用しての、日帰りツアーです。
行き:五稜郭10:45→渡島当別11:24
 帰り:渡島当別15:39→五稜郭16:17

天気はあいにく雨でしたが、これはこれで楽しかった。


雨で、スケッチはあまりできなかったけど、いろいろ発見できました。


実は、函館生活6年目にして「初」五稜郭駅。まちを代表する施設の名前を冠した駅なのに、場末感満載。これはこれで、好きだけど。

面白いことやってるんだけど、もう少し説明もして欲しい・・・。



行きに乗った車両は、「ながまれ号」初号機でした。

「渡島当別」駅舎が教会風なのは、近所にトラピスト修道院があるかららしい。

「プロジェクトの成果はここでも発表したいね」と大人だけで盛り上がる、の図。

急坂を登って(冬は、車でも無理かも・・・)、風の丘に到着。

カレーもピザも(ノンアルビー◯も)、美味しゅうございました。

満腹感に浸りつつ、ログハウス探検。


おっと、灯台をチェックしそびれた・・・。

風の丘を満喫し、駅を目指す。

陸橋をくぐり、橋を渡り・・・

神社を探検し・・・

小学校の不思議な彫刻と、グランドの「ピカチュウvs.アンパンマン」を横切り、公園の花見の名残に想いを馳せ・・・

素敵な階段小道を下り・・・

「丸メ」ってなんだ?

クジラ発見。

Nさん発見の謎の建造物を調査。

さいごは、残念ながら閉館してまった「男爵資料館」を外から眺めて・・・駅へ。

現れない学生たちを(ちょっとだけ)心配しつつ、帰路へ。

帰りの車両は、なんと今日デビューしたての「赤い」ながまれ号でした。

次は絶対、Bromptonを連れて行きたい。

2017年5月3日水曜日

久々のスケッチサイクリング

参加者:原田、山内、濱本、鳥井、堺、菅原、村山


5月3日、9時にデザインベース01に集合。まずは幸坂を歩いて登り、山上大神宮へ。ここで、まずは肩慣らし。スケッチ第1ラウンドは「気になったものを何でも書いてみよう!」。
まずは、簡単に書き方のコツを説明。

後は野に放つ!


函館湾を見渡しながら、坂を再び下り、船見公園へ。


ここは「常盤小学校」の跡地にできた公園で、「ハイジのブランコ」と勝手に名付けた遊具がオススメの、隠れスポット。




こんな函館の街はずれ(!?)でも、子供が遊んでいる気配があるのが嬉しいね。
美味しい空気を胸いっぱい吸い込んだら、坂を下って基地に戻り、いよいよ自転車ツアーを開始。
まずは西の外れ、かつては海水浴場だった前浜へ向かった。


ここに立つと、高田屋嘉兵衛が函館湾を見つけた時はどんな感じだったのだろう、といつも考える。冒険はいいなぁ。


いつもなら、この先の洞窟(トンネル?)まで歩いて行くところだが、思いのほか風も強く寒いので、スケッチもせずに次のスポットへ。
・・・というか、もう休憩。坂を登って「ティーショップ夕日」で一服することに。


ひとしきり緑茶を飲んで、再スタート。


高龍寺の境内で、様々な建築装飾を堪能し、入船漁港へ。


スケッチ第2ラウンド「船を描くぞ!」。30分ほど頑張ったか。


この後、せっかく外れまで来たので「函館市国際水産・海洋総合研究センター」へ。
駐車場で、再び函館湾を見渡したものの、風が強いし、寒いし・・・。スケッチは諦めて、ランチタイムへ。



福々亭は、昭和の匂いの残る大衆食堂系中華料理屋さん。料理が出てくるまで、ここでもスケッチを。

満腹になったところで、午後の部スタート。
大三坂ビルヂングを経由して、元町配水場へ。
今年の桜はあまり一気に咲かず、葉桜状態だったが、ここはいい感じで咲き乱れていた。

スケッチ最終ラウンドはここで。
当初の予定は15時までだったので、ここで一部のメンバーとはお別れ。
一服しながら余韻を味わうため、谷地頭の「カフェClassic」に向かいました。


4人で回覧しながら、それぞれの成果を共有した。
その後、打ち上げと称して函館公園の花見屋台へ。


焼き鳥&一杯飲んで(自転車ですからソフトドリンクですよ・・・汗)解散した。
お疲れ様でした。